FC2ブログ

kitalogue

普段の日常 ▲NO 衣食住 NO LIFE▲ あたりまえ

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
こどもおとな
とびのススメ
Appendix
「四畳半神話大系」公式サイト 小島慶子 キラ☆キラ「赤坂ブロガー祭り」
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
TOP > The one

黒靴   2012.01.11

今日は往き2倍の帰り3倍かかりました、、


家出て数歩でピキーン!みたいな。


postman oxford


大分遅いですが、
(全方位型で)今年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト



BUNBOUGU   2010.07.06

先週から通学講座に通うという
思ってもみない展開のこの頃ですが、
とにかくやるしかないんで
前かどうかは解りませんが
進むしかないんで

せっかくの機会なんで

せっかくなら楽しもうと

文房具を買いそろたりしてました。


IMG_1334.jpg


30越えたし革のペンケースとか
持ったりしてもいいかなあと購入。


IMG_1335.jpg


他にも40代使用なかんじのものとかスゴくよくて
ただカッコいいんだけど高いんですよね
ちょっと僕にはまだ早いなっていう


IMG_1337.jpg


あとはLAMYと2本ペンも買ってとりあえず最低限揃えてみました。

まあまあ、とは言え結果出すしかないんで
今やんなきゃいけない事しっかりやっていきますヨ。

   2010.05.07

足下から見つめ直した結果!
さすがに踵の擦り減った靴では…、と言う訳でさっそく革靴を物色&購入

なんか前の記事の流れからいくと軽すぎでしょって思われるかもしれませんが
本当に靴って大事だと思うわけです。
いくらイイ仕事が出来るとしても、
みっともない靴を履いてると
せっかくのプロセスなり結果も半減してしまいます。
もちろん全てがそうだとは言えませんが
より大きな事を成し得たいと考えるのであれば
それはより多くの人とセッションしていかなければならないのですから。

この辺の事は前述の本でも始めに書かれてますが
やはり僕も身なりは非常に大事かと。
人は見た目で判断しちゃどうとかありますが
年を重ねると顔つきしかり服装しかり心や生活が表に出てきます。
ことビジネスに限定するとその中での服装だったり靴だったりは
表情の次に自分を表現するスゴく重要な要素だと考えてます。
相手に敬意を払うというか。

ま~とかなんとか言ってますけど
僕もこういうまとまなビジネスなシューズ買うのは初めてなもんで、
何からチェックしていいのかさっぱり不明。
ここはけんちゃんかなとアドバイスを求めたら
「コールハーンのウォータープルーフはどう?」というお答え。
それを頼りにいざ買い物、いざ伊勢丹、いざMen's館。

さすがに予めnetで軽く下調べ&めぼしいのはチェックして行ったんですけど
フレッシュマンで結構な人人人!my sizeは品切れ中!!

仕方ないので携帯でコールハーンの取り扱い店調べて在確。
まずは最寄りの渋谷にTEL。
「担当の者が接客中ですので折り返し連絡します」との事。
お次は銀座の直営にTEL。「在庫ありますよ」との声。
という流れでいざ銀座!

銀座に向かう途中の車内で着信あり。
大体想像ついてたけど銀座についてコールバック。
「在庫ございましたけどどうなさいますか?」って。
『もう銀座に着いてるヨ!仕事ってのはクイックレスポンスなんだヨ!!』
とはさすがに言いませんでしたが丁重にお断り。

銀座店でサイズも色々試させていただいて
「デイリーに履かれるならやはりレザーソールの方がよろしいかと」
みたいなトークで革靴の入門いろはを教えていただき
ゴムソールのウォータープルーフは二足目だなと断念。
その後これが一番大事なメンテのお話。
ブラシ・クリーナー・靴墨・シューキーパー・消臭スプレー・防水スプレー。
後でハンズにてこれら一式購入したことは想像に難くないかと。
イイ物を持つ事が大事ではなく、イイ物を大事に使うことが大事であると。
これは僕の勝手な解釈ですが、イイ物は大事に使う事でより良さが見えてくると思ってますから。

で翌朝さっそく履いたわけなんですけどこれまた靴擦れがハンパない!!

その次の日の駅までの道のりは血が滲むなかもちろん時間も普段の倍くらいかかってしまい…

自分の未熟さを最大限感じたのと同時に石田純一・武田修宏のスゴさを痛感。
彼らはやっぱカッケーっす!!

ともあれスニーカーとは違う靴の楽しみを僕もちょっとかじってしまいました。
ここの世界も相当奥深い、デジタル家電もおもろいが革靴も相当おもろい。
そんなにしょっちゅう買うもんじゃないので次はいつになるかは分かりませんが
イイ靴他にも欲しくなっちゃいますね~、ジョンロブとか。
でもREDWING・DANNERなんかを通ってきた者としてはやっぱりオールデンを一回は履いてみたい!
スゴくシンプルでスタンダードな形なんだけどほんのり漂う無骨さが水陸両用なかんじでサイコー!!
値段もこれまたサイコーなんで当分はこいつで十分ですけどネ。
冠婚葬祭用に一足どうですか?
休日の靴磨きもなかなか気持ちイイもんですヨ!


IMG_1032.jpg

ソフトハットへの道   2009.11.19

注:今日の記事はちょっと前のお話。
でもってちょっと長いです。なんで良かったらお時間あるときにでも読んで下さいませ。


今年の夏に初めてハットを買って、すっかりパワープレイ。
気付いたらシオ吹いちゃうぐらい被ってました。

で秋冬用のハットも欲しいとおもい、
ここ2週間ぐらい機動力使ったりネット使ったり電話したりで色々探してたんです。

まず見にいったのは渋谷の老舗山田帽子店さん。

IMG_2915.jpg

けんちゃんに教えていただいて初の訪問だったんですが、ハット類なかなかの品揃え。
手前の棚には国内もの、奥にはインポートものがビッシリ。
平棚にはキャスケット、ハンチング類がきれいに陳列されてました。
あとは店内に有名人の方々のサインがズラリ。
ウールかファーかも決めてなかったのでまずは色々触って物色。
値段的にはウールなんだけどゴワゴワチクチクなかんじが気になる。
値段は上がるがラビットファーの手触りが気持ち良すぎ。

ん~ん、方向的にはファーなかんじかな。

で こっからいざ試着。

IMG_2914.jpg


ここのご主人がスッゴいオシャベリ好きな方で、いろんなアドバイスをいただきながら
自分の頭に合う形を探します。

ご主人曰く海外もんは前後に長めの木型で作られてるのが多いらしく、
日本人だと人を選ぶよって言うアドバイス。

僕の頭ですね、典型的な日本人なもんでして。
おっきくて横に幅があるかんじ。
前後のサイズが合っても横が合ってないとツバが張っちゃうらしい。

僕が夏に被ってたボルサリーノは形がしっくりきたんですけど、これは中央帽子さんがライセンスで作られてる日本もの。
やっぱ日本人は日本の木型で作った帽子でしょ。型の方向性は決まり。

一つ気になる型があったのでショップカードに品番を書いてもらって一旦退散。



その足で渋谷のラグシーに向かい今シーズンのライセンスボルサリーノをチェック。
ウール素材で表は起毛させたデザイン、色は黒、紺、青。
ライセンスボルサリーノは日本の木型なんで被り心地はかなりグーなんですけど
そこそこイイ値段な割にはなんか安っぽいし、起毛具合がモコモコしてて野暮ったかったのでこちらはパス。





次は地下鉄に乗っていざぎんざ。

銀座でハットといえばもちろんこちら

IMG_2910.jpg

創業が大正6年というチョー老舗トラヤ帽子店さん。

とか言ってますけどこちらも初の訪問です、私。

IMG_2913.jpg

入口のディスプレイも本場ボルサリーノがメイン。
かっこいいですね~、まあ普通に4万オーバーからですよね~。買えるわけないですよね~。

場所柄もあるとおもいますが山田さんよりも全体的にプライス高めな品揃え。
こちらファー系のソフトは基本的にガラス棚の中に入ってて簡単に触れません。
『ファーはいくらぐらいからですか?』と質問したら「2.6万からですね」とのお答え。
初めてのソフトにそこまでは出せないってのが正直な感想。だって結局洗えないですからねソフトは。
欲しくなっちゃっても困るんで、ガラス越しにしばらく見つめてから退散。



この日はここで探索終了して帰宅。
ネットで中央帽子さんのボルサリーノをチェックしようと思いサーフィンしてたら
日本橋高島屋さんでボルサリーノフェアが開催中との情報。

後日日本橋高島屋さんにも行ってきました。

0923pickup_m01.jpg


ボルサリーノフェアはイタリー産オンリー、所謂黒札のみ、よってプライス4万スタート。
イコール僕は手も足もでません。
なんで物色も程々にして高島屋さんの帽子売り場へ。
百貨店の帽子売り場でまじまじと帽子見るのも初めてです。


そういう目で見ると昨今の百貨店不景気もあってか、ソフトはウール・ファー、ともにプライス手頃なものから揃えてあり、
ハンチング・ハット・キャップと幅広い品揃えで正直びっくり、なかなかイイかんじの売り場でした。
店番はおばちゃん一人。前の二件で結構まめ知識みたいなのも植え付けられてたんでおばちゃんに色々質問。
おばちゃんもなかなかやり手で結構な知識。最後にはカタログまで出してきて色々相談に乗ってくれました。
なんで買わずに去るのは申し訳なかったんですが、気になるのは取り寄せになるとの事。
被ってみてイマイチってなるのも悪いなあと思ったので諦めました。

日本橋高島屋さん訪問しての感想ですけど、百貨店の接客って気持ちイイですね。
そんじょそこらのハンパ売り子とはレベルが違います。
ここ10年ぐらい百貨店は新宿伊勢丹に数回行ったぐらいだったんで、
あんまり思わなかったんですけど、建物は古くても隅々まで綺麗に手入れされてるし、
味があるって言うんですかね、店員さん含め。
百貨店の衰退具合スゴいみたいですけど個人的には頑張って欲しいなっておもっちゃいました。
もちろん帰りは地下の食品売り場をうろうろ。



話それましたが、いくつかまわってやっぱり山田帽子店さんに置いてあった
フジコーさんのオリジナルブランド「Fuji Hat」のKITTONというモデルが一番しっくりきたので、後日山田帽子店さんへ。
色は焦茶・サイズは61。
ご主人にお願いすると、な なんと ないんです焦茶の61。
グレーと黒ならあるんですけど茶がないんですヨ。でも茶がいいんです焦茶が。
62ならあったんですけどそれはいくら僕でもおっきすぎるんですよね。
いやーどうしよーとおもって10分ぐらい立ち尽くしてたら、
ご主人が「他にFuji Hatの取り扱いのあるとこ教えてあげるから電話して聞いてみる?」
って言ってくれたんで番号をいただきお礼を言ってお店を後にしました。
そんでとりあえず電話、電話。
CA4LAさんも取り扱いがあるみたいだったんで、電話したらこれまた応対してくれた方がイイ人で、
こちらのお店にはないけど「全店の在庫調べて折り返します」との事。
で数時間後に着信。でも「売れてしまってもう在庫なしです」。
『どっか他にないですかね~』と聞くと
「在庫があるかどうかはわかりませんが良かったらこの帽子の仕入れ先の番号を教えますのでそちらに聞いてみていただけますか?」との事。
『どうも有難うございます』って番号伺ってかけてみるものの「すいません、在庫ないです」との答え。

まあ仕方ないなぁとおもいその日自宅に戻ってネットで検索しまくり。
でもないんですよね~なかなか61って。ようやく発見してもグレーのみ。
そんなとき山田さんが言ってた「61以上ってメーカーも在庫持たないしほとんどないよ」ってのを思い出す。

うわぁどうしよう、せっかく気に入ったのに~、買う決心したのに~

とりあえずたどれるとこまでたどろうと思い、大元のフジコーさんの帽子事業部にTEL。
その日は担当の方が外出中とのことだったので、また後日TEL。
ようやく担当の方とつながり、まずは僕のフジコーさんの「Fuji Hat」への思いを伝える。
でKITTONの焦茶・61を卸した先を伺う。
住まいを聞かれて東京と伝えると問屋さんを西日暮里と横山町の計二件教えてくださる。
フジコーさんは多分商社的なかんじなのかな?帽子屋と直の取引じゃないってことは。
フェルトでカーペットとかも作られてるし、あとソーラーパネル事業とかもあるみたいだし。

それでとりあえず電話したんです。まず西日暮里の方に。

「はい・・・」

普通社名言うじゃないですか、はいの後に。
第一声すごいおじいちゃんの声でそれだけだったんでびっくりしたんですが、
『あの~○○帽子さんですか?Fuji Hatさんの帽子が欲しくてお電話させていただいたんでけど…』
恐る恐る聞いてみたら○○帽子さん焦茶の61在庫持ってるとの事。
その時点でスゴい上がったんですけどなにせ相手は問屋さん。
しかも声と耳の遠さからうかがうにおそらくかなりの高齢。
まずはそれを探して色んなお店に問い合わせた事と、
どうしても見つからなかったのでフジコーさんに電話してこちらの番号を教えていただいた事を伝え、
『それって一つだけでも売っていただく事ってできるんでしょうか?』
すると二つ返事で「イイよ、ウチは問屋だからお店の価格の68%で譲ってあげるよ」
一瞬耳を疑いましたが、

エエ!!マジっすかーーー!!!!!
辿りつけただけでもチョー上がってたのに更に68%でいいなんて!!
またこの譲ってあげるよって言葉がサイコー、売ってあげるじゃないんですネ。
もうホントすいません、ありがたいッス、ここまでの長い道のり報われました。

でも向こうは問屋さんです、しかも西日暮里の。営業時間が問題です。
問屋さんは週末はやってなかったりしますから。

『営業時間って何時まででしょうか?自分平日の日中は仕事してるんで難しいんですけど、
週末とかって営業されてるんでしょうか?』
「週末はムリだなあ。でもうちは自宅兼会社みたいなもんだからいつでもいいよ。
仕事終わって電話くれたら駅まで持ってってあげるよ」

エエ!?マジっすかー!!!
いやあ もうホントイイ人です、ホンットに。

『では今日仕事終わったら連絡入れさせていただきます』

これはのーぶら手ぶらではいけないよな、とりあえず菓子折りだよなぁ。
相手は高齢、はっきり喋れてなかったら柔らかいものがいいよなぁ
和でオールドスクールなんだけどちょっと珍しかったり、で職場の近くで…とあれこれ考える。
それを会社の人に伝えたら出てきたのがお茶屋さんのプリン。
それそれ、それバッチリ。
あんまり数買い過ぎてもせっかく安くしてもらう意味なくなっちゃうし、
それ以上に相手に気使わせるんで奥さんの分と合わせて2個売り切れる前に即購入。

仕事終わっていざ西日暮里。改札出ておじちゃんにTEL。
待ち合わせはそのまま改札。目印にネクタイの色を伝える。
なんかこの待ってる時間チョードキドキ。テレクラの待ち合わせですよね、これって。
ちょっと例え古い?今でいう出会い系?

待つ事15~20分。それらしき帽子を持ったおじちゃん登場。
いや~会いたかったです、おじちゃん~ありがとうございます~。
改札前で立ち話、その場で被って帽子の被り方、扱い方を教えていただき
当時寅さんに帽子を貸してたとか、昔から現在までの流れやおじちゃんの帽子への想いなんかを聞かせていただく。
ちゃんと領収書まで持ってきて下さってて、仕事も抜かりなし。最後に忘れず名刺交換。

おじちゃんホンットありがとう。
ここまで来るのに五人は経由してます。この出会い、人の温かさと僕の渋とさどっちだろう?
でもこれも何かのご縁ですよね。
また是非お会いしたいです。今度は事務所っていうかお家にオジャマしたいです。
そんでいろんなお話聞かせてくださいな~☆


全然大した話じゃないんですけどホントに久々上がったんで長々と書かせていただきました。
最後まで読んで下さった方どうも有難うございます。
ハット以外も色々あるらしいんでクラシックな帽子が欲しい方は是非!!

GLASS   2009.08.25

8月も今週来週を残すばかり、それがどうだって話なんですが、
暦の上では夏も終わってしまう訳ですね~。
そんなタイミングでなんなんですが僕の夏のお気に入りを紹介させていただこうかと。

暑~いこの時期どうせ使うならやっぱり涼しげなものが良い訳です。
と言うことでこちら。


IMG_1661.jpg


そうです、ガラスの灰皿!!

ここ最近は買ってないんですけどこれも何年か前に熱心になってるときがありまして。
これは当時僕の上司だった現GARNISHの店主さんにおみやげでいただいた一品。
オールクリアーで三つの凹みが特徴です、ピース!!ピース!!


IMG_1675.jpg


こちらそれほどめずらしいものではないですがグリーンベースで気泡がデザインされてるバージョン。
値段もかなりお手頃だった気がします。




灰皿じゃないですけどこちら。


IMG_1717.jpg


これは現行の日本もん、




こういうものでも一応ブランドもんっていうのがありまして、


IMG_1674.jpg


これはTHE TIME HAS COMEさん(本日入荷分もいいですね~、ほしいっー!!)
で購入したんですが、裏にブランドマークが刻印されてます。


IMG_1715.jpg


これは結構お気に入りです、こちらも裏にサインが刻印されてます。
こいつはやっぱりクリアー・白・紫の色のグラデーションがサイコー。



ちょっと画像みづらいですけど上に刻印入ってるのわかりますかね。
これいいじゃんっておもうのは裏見るとこんなかんじでサインが入ってて
案の定ちょっとお値段も高かったりするんですよね~


IMG_1666.jpg


お次はこれ。


IMG_1677.jpg


これいま家にあるなかで一番の大物です。
直径20cmの高さ10cmぐらいあります、重量もかなりのものです、おまけに裏にはサイン入り。
クリアーのコンビがもうたまらなくサイコー!!ウツクシー!!
灰皿としてはなかなか使えないです…豪華すぎて…申し訳ナイです。



そんな僕がここ何年灰皿として利用してれるのがこちら。


IMG_1678.jpg


インサイドが白で、アウトサイドがクリアーのコンビ。
これは特にデザイナーものではないんですが、この白クリアーのコンビに魅せられて迷わず購入したのを今でも覚えてます。


丁度その頃このファイヤーキングのマグで牛乳を飲むのにすごいハマってまして。


IMG_2362.jpg


白い器に白いものを入れるんですけど入ってるとこはいろが変わるんですよね、白に白なのに。
これがなんかうれしくて、毎朝これで牛乳飲んでるタイミングで出会っちゃったんです。
で、どーしてもおんなじテーブルに並べたくてですね~。


IMG_2336.jpg


チップしてるし、ウェルダン過ぎですがですがそこは大目に見ていただいて、
こんなかんじです、当時の僕のブレックファースト、これだけで相当あがります、朝から、僕、単純デス。

とまあ普段何気なく使ってるものをお気に入りのものに変えるだけで俄然テンション上がります。

最近は友達にあげたり、めっきり買ってもなく、なんでかって聞かれますと家が広くないんで置く場所がないって話なんですが、HIGGINSだけは一つ欲しいな~なんて久しぶりに思ったりしております。


«  | HOME |  »